自分の家に、訪問販売員・セールス勧誘員が来ることがあります。

各家庭での防犯と対策について。

(家庭での護身術)

訪問販売員・セールス勧誘員の目的

・普通に仕事として来た

・押し売り目的で来た

・水道工事が必要などとウソをついて支払い強要

・家の土台が傷んで壊れる。などとウソをついて架空修理

・空き巣などを狙って偵察に来た

・女性を狙って来た

あやしい訪問員

昭和時代は、物干し竿売りが、あやしいと言われていました。「さおやーぁーさおだけっ」

平成時代は、営業サラリーマンがあやしいと言われていました。

令和時代は、ボッタクリ修理業者が多い印象です。

あなたと家族の、防犯意識を高める。

家の犯罪(家屋を狙う犯罪)で大切なことは、防犯意識の高さです。ガードがカタイと思われるように意識しましょう。

・カギは、こまめに閉める。

・シャッターは閉じる。

・全部の窓に、カーテンを付けて中を隠す

・2階の窓は開けない。

まとめ

あやしい場合は、「帰って下さい。」と言えば帰ると思います。

それでも帰らないなら家の中に入ってカギを掛けてから、110番しましょう。

新聞の勧誘・断り方・定期購読・入会案内

NHKテレビけいやく・勧誘・受信契約・BS衛星放送

宗教勧誘・断る方法・信者の訪問・新興宗教団体・対処法

ボッタクリ修理業者に高額の請求をされる、家の設備故障

無料ごみ回収業者トラックが来た(外国人?)防犯対策