クレジットカードは便利ですがリスクもあります。

カード履歴を、毎日こまめにチェックしていたとしても、被害にあえば手遅れです。

(金銭での護身術)

クレジットカードの安全な使い方

↓ 順番に説明します

使い方①レベル、初心者むけ・必須事項

使い方②レベル、できれば理解してほしいレベル

使い方③レベル、上級者むけ

使い方①レベル

・カードは1枚にする。複数の契約をしない方が安全性には良い。(管理しやすい)

・カード会社の緊急電話番号を、自分のスマホに登録しておく

・カードにはウラ面にサインをする。(漢字サインが偽造されにくいのでオススメ)

・カードは自分だけしか使用を認められないので他人に貸さない

・カードを他人に見せびらかさない(番号を見られる危険)

・ウソで、カード会社の人だと言って番号を聞いてくるサギがある

・ウソで、カード会社の人だと言って番号を記入させるメールが来ても、無視か、削除する

・公共施設のパソコンではなく、自分のパソコンからしかカード番号を入力しないようにすれば他人に知られにくい

使い方②レベル

・カードは店員に渡さないほうが無難(海外では多いスキミング被害)(日本でも、たまに発生するようだ)

・カードのウラ面は他人に見せない(3ケタか4ケタの認証番号が書いてある)

・海外では、空港に設置されたATMだけを使う

・あやしい(信用できない)会社は使わない。

・あやしい(信用できない)サービスは使わない。

海外サービスは特に注意する(日本国内よりも被害確率が高いようだ)

・カードは写真にとらない(番号が他人に流出する危険)

・自分のパソコンで変なサイト(インターネットのページ)を見に行かないこと。コンピューターウイルスに狙われる。もし変なサイトを見たいなら、別のパソコンを用意すると良い。(特に海外はサギページが多い)(パソコンは使い分けると安心)

使い方③レベル

・(ICチップ付きカードは)持ち運ぶときは、できるだけ電磁波遮断ケースにカードを入れる(電波で通信するのを防止)(ケースは2千円くらい)

・複数のカード所持で、ポイントためる用など、使わないカードは金庫に保管する

クレジットカードで被害にあったら

・警察に被害届けが必要

・カード会社に電話

まとめ

紛失や情報流出などの安全性について調べたり、クレジットカード会社に問い合わせしたことがありますが、わりと、あいまいな返答が多いように感じました。(クレカは歴史的に、きっちりしていない印象)

自分で管理するのが重要だということでしょう。

クレジットカードは大切に扱いましょうね。

(かんたん)リボルビング支払いはヤバイのか?クレジットカードの契約

(かんたん)パスワードを忘れた・見られた犯罪、ログイン管理方法

(むずかしい内容)野良Wi-Fi(のらワイファイ)の危険性(フリー)FREE