宗教の勧誘のこと・断る方法について

(宗教勧誘からの護身術)

宗教の勧誘とは?

宗教組織・信者団体が、あなたを誘うこと。

宗教の勧誘の方法

さまざまな手口があります。

(私のイメージなので個人の主観だと思ってください。勧誘の名称は適当に書きました)

◆まじめな信者が、普通に誘う。(断りやすい)

◆親子勧誘(断りやすい)

子供をダシに使う。警戒されにくい。

◆声掛け勧誘(勧誘だと気づかない、迷惑行為)

趣味の話など、宗教に関係ない話で、接近してくる。

◆デート勧誘(勧誘だと気づかない、迷惑行為)

美女を使って、男性(アキバ系男子など)を狙う

◆車でドライブ勧誘(勧誘だと気づかない、迷惑行為)

友達になるフリをしてさそう、入会するまで開放しない。

◆圧力勧誘(迷惑行為)

複数人で勧誘(軟禁)してくる。

入会するまで開放しない。

宗教の勧誘の、よくある状況

大学の先輩に誘われた。(半強制)

知らない人に、声を掛けられた。(勧誘だと気づかない)

引っ越ししてから、訪問された。(近所の住人が来た)

宗教の勧誘の本音

◆勧誘すると、金銭がもらえる場合がある。アルバイト感覚。(大学生に多いようだ)

◆心から、相手のためだと思いこんでいる。(女性信者に多いらしい)

宗教の勧誘の断り方・対処法

知識がないと、勧誘されていると気づかない。非常に、やっかい。

・相手が大人ならば、「私は無宗教です」と言って断る。

・しつこい場合には「興味ありません」とハッキリ言う。

軟禁は犯罪にあたる可能性がある

録音しておく。

「帰りたい」と言う必要がある。(意思表示)

「返さないと警察に言う」(ハッキリ言っておくと相手は逃げてくれる場合がある)

できるだけ入会サインはしない。

こっそり110番通報する。

軟禁されたら、被害届を出すほうが良い場合がある。(退会しやすくなる)(あとあと関係しないための意思表示)

まとめ

とくに大学1年生は、狙われやすいようです。相手の発言に注意しておきましょう。

新聞の勧誘・断り方・定期購読・入会案内

NHKテレビけいやく・勧誘・受信契約・BS衛星放送

家の防犯・あやしい訪問販売員・セールス勧誘員